転職面接で転職理由は重要視される?

今までの経験を活かせる前向きな転職理由を

看護師求人・転職サイトランキング > 転職面接での転職理由ついて

転職理由を事前に考えておくことの重要性について

 看護師の転職面接で必ず聞かれることの一つに、転職理由があります。転職理由の中に、前の職場への不満をお持ちの方は少なくないかと思いますが、面接で転職理由を聞かれたときにこうした不満を本音で話してしまうのは考えもの。サラっと話すのは良いかもしれませんが、面接で不満点を並べてしまうと「この人は採用してもまたうちに不満を持ってしまうのではないか」というイメージを植え付けてしまいかねません。

 そこで、面接で転職理由を聞かれた場合には、できるだけ前向きな回答をするように心がけましょう。まずは自分の職業能力についてアピールしたうえで、「自分の経験を活かして、もっと地域医療に貢献したいと思った」「転職することで今持っている技術をより多くの患者さんの治療に活かせるのではと思った」など、今までの経験を活かしてさらにステップアップするような前向きな転職理由を事前に考えておくことがとても重要です。

 また、転職面接では転職理由と合わせて前職場を退職した理由も聞かれることがよくあります。こちらの理由を転職理由と結び付けられれば、転職したいと考えた動機をより一層明確に分かりやすく伝えることができます。「もっと活躍できる場があるのではと考えた」といった具合にすれば、マイナスイメージを持たれることはありません。これまでの仕事の成果や、自分の前職場で果たした役割、学んだことなどなどについて事前にまとめておき、退職理由と合わせて前向きに受け取ってもらえるような転職理由を、きちんと述べられるような準備をしておきましょう。